HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > チケットカウンターで仕事をしていたことがあります

チケットカウンターで仕事をしていたことがあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

会社勤めをしている時に、同じオフィスビルのショールームにあるチケットカウンターの担当を交代で行っていました。基本的に一日中ひっきりなしに忙しい仕事ではないので、どこのチケットカウンターも大抵同じように、専属のスタッフではなく、チケットカウンターを設置している店舗や企業の社員が兼任していることが多いようです。

仕事内容はチケットの発券、空席検索、ホームごとの席の案内、POP書き、本部から送られてくるポスターはり等です。チケットというのは発券してしまうと払い戻しがきかない為、発券そのものはもちろん、お客様の申し込み書に間違いがないかどうかの確認にとても気をつかいます。

そしてもっとも大変なのは、土日の「売り出し」という業務です。人気の公演はほとんど週末が売り出しの開始日になり、その日は早朝から、公演によっては前の日から並ぶお客様もいらっしゃいます。

売り出し日だけは事前に申込書を書いていただき、通常一人で業務している
ところ、三人体制であたります。発券前に席を選んでいる場合ではないので、席の場所もおまかせいただき、あとはキーを押すタイミング、特に2人目以降うのお客様は私たちの処理の速度にかかるところも多く、緊張したものでした。

関連記事