HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > 【工場】コカ・コーラの仕事の内容と働く人のメリットは?

【工場】コカ・コーラの仕事の内容と働く人のメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

コカ・コーラと言えば世界中で愛されている飲料水のメーカーですね。ずっと以前から同じコーラのメーカーでもあるペプシとのコーラ戦争が行われていましたが、いまだに人気は二分しています。

中には子供のころにコカ・コーラの工場へ遠足で見学に行かれた方もいらっしゃるでしょう。その時「ジュースがたくさんあるところでお仕事してみたいな」なんて思った方もいらっしゃったかもしれません。

今回は世界中で愛される飲料水メーカーのコカ・コーラの工場のお仕事についてお話していきましょう。

コカ・コーラの歴史



コカ・コーラの歴史は古く、アメリカで1886年にジュースとして発明されました。コーラの歴史については諸説いろいろとあるようですが、アメリカの原住民のインディアンがコカの葉をかむ習慣からヒントを得たというお話もあるようです。

コカの葉にはコカインの成分が含まれており、さらにコーラの実というアフリカ産の植物を原材料として使われていました。今でいうリポDのような感覚の飲み物だったのかもしれませんね。もちろん現在ではコカの葉のコカインの成分は含まれていません。

ちなみにコカ・コーラの味の分量や材料などは世界中で2人だけしか知らない事なのだとか……。二人同時に亡くなるような事があったら大変な事になるため、二人同時に行動をとることは会社で禁止されているのだとか。これもすごいお話ですね。

コカ・コーラには様々な都市伝説があるのはご存知の方も多いかもしれませんが、その中でも代表的なものが「コーラを飲むと骨が溶ける」というお話ですが、実際にはそんな事実はないと否定されていますね。

ではコカ・コーラの工場の仕事の内容についてご紹介いたしましょう。

コカ・コーラの工場のお仕事の内容について



コカ・コーラの工場は日本中にありますよね。38県に工場が存在しているのでほとんどの地域でコカ・コーラ工場での仕事を見つけるチャンスがあるという事になります。さすがは大手ですよね。

コカ・コーラ工場のお仕事には「製造スタッフ」「生産活動の管理」など様々なお仕事がありますが、多くの方は製造スタッフとして生産が円滑になるようにお勤めされる事となるでしょう。

生産するのはコカ・コーラをはじめ、ファンタやアクエリアスなど超有名な飲料水です。製造工程は4つに分けられていますので、そのどこかに配属される事になります。

・シロップ
・ブロー成型
・充填
・パッケージ

シロップは原液で、その原液を使って飲料水が作られていきます。第1工程はシロップを使ってジュースを生産するのです。次の工程がブロー成型ですね。

ブロー成型というのはペットボトルを作る工程です。ペットボトルって充填する時に作るものなの?と思われるかもしれませんが、実はペットボトルは工場内で製造されてジュースを充填していくのです。

その次の工程がブロー成型されたペットボトルにジュースを充填していく工程です。中身が入ったペットボトルに蓋をしてラベルを張って完成します。パッケージはラベリングしたのちに箱詰めまでを行います。

これだけではなく、製品の圧力やガス量それとpH値をチェックしたりします。ブロー成型するペットボトルの形などがおかしくないかをチェックするお仕事もあります。

キャップを閉めた時の閉まり具合や味覚つまり味見をする担当になる方もいらっしゃいます。工場内にはさらに細かく作業が分けられていますので、どの担当者になるかは採用されてからのお楽しみですね。

では次にお給料についてお話をしましょう。

コカ・コーラの工場のお給料について



コカ・コーラ工場でのお仕事の形態には正社員だけではなく、パートさんもたくさんいらっしゃいます。パートさんというか契約社員という形で採用される事も多いようです。

契約社員の場合は手当などがついて25万弱なので、決して割のないお仕事ではありませんよね。当然ですが正社員登用制度もありますので、お仕事にやりがいを感じる方はどんどん正社員登用制度を活用すると良いでしょう。

工場には最寄りの駅から送迎バスが出ているので時間に遅れないように行けば大丈夫でしょう。福利厚生面でも充実していますし施設割引などもあるので、どんどん活用すると良いでしょう。

各種手当の内容ですが、交代手当や残業手当そして深夜手当なども付きます。残業に関しては大企業としては比較的多い印象を持たれるかもしれませんが、季節や気温によっては増産したり減産したりするので臨機応変に対応する必要があるのでしょう。

楽しい職場であるかどうかについては、忙しい工場なので作業中はもくもくと作業を行う事になるでしょうが、休憩中などは社員食堂で他の社員の方とお話をしながら楽しく過ごせるでしょう。

お仕事をされていて「ここもう少しこうしたら効率良いのでは?」と思うような事があったら、月に一度その改善点などを上司にお話しする機会が与えられていますので、どんどん改善点を相談してみると良いでしょう。

良い案だった場合には工場全体でその案を取り上げて実践されたりします。働く人の現場の声が届くという意味ではとても素晴らしい制度を取り入れている企業でもあるのですね。

また、コカ・コーラの工場でお仕事をしている中で、工場見学にたくさんの子供たちがやってきます。その時に夢を与えられるようなお仕事でもあるので、そういう意味では楽しめる職場なのかもしれません。

今回は子供も大好きなコカ・コーラの工場のお仕事についてをお話いたしました。子供のころからの夢を実現したいと思う方は、ぜひチャンスがあったら応募してみてはいかがでしょうか。

関連記事