アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > 看護師に向いている人と向いていない人の違いとは?

看護師に向いている人と向いていない人の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
看護師にあこがれる人はたくさんありますよね。小さなころに病気をした方の中には「将来は看護師になりたい」と思った方もたくさんいらっしゃるでしょう。そのために勉強を必死にする人も大勢います。

そんな方がふと考える「自分は看護師になれるだろうか?」という不安、今回は看護師になりたいけれど、自分は本当になれるかどうかがわからない。今回は看護師に向いている人と向いていない人の違いをご紹介いたします。

看護師は命を預かるとても責任の必要な仕事



看護師の仕事はとても種類が多いです。働く職場、所属する診療科目によっても違ってきます。人の命をあずかる仕事なので毎日大変なプレッシャーの中でお仕事をする事になります。

しかも具合が悪くてやってくる患者さんだけではなく、ケガをしたりして病院に訪れる患者さんもいらっしゃいます。それぞれの患者さんへの対応をしなくてはならないので、毎日初めての仕事ばかりというのも看護師の仕事です。

それだけ大変な仕事なのですから適性というのは気になります。ここでは看護師に向いている人の特徴を4つ、そして向いていない人の特徴を4つご紹介いたします。

もちろん対策についても少しご紹介いたします。

協調性がある人は看護師に向いている


看護師の職場って色々な人がいると思いませんか?同僚の看護師がいたり先輩がいたり、医師がいたり検査室の技師がいたり、そして大勢の患者さんやそのご家族がいたりと、かなりの人とかかわりを持つ仕事です。

とても多くの方と毎日関りを持つ仕事をしているので、職場はいつも戦場のように忙しかったりしますよね。そんな時に協調性がある人は重宝されます。そのためマイペースの方や一人で仕事を黙々とやりたいと言う人は向いていないのです。

一方で協調性がある人と仕事をするとスムーズに仕事が進み、結果的に患者さんの対応も早くなります。

健康で体力に自信がある人は看護師に向いている



看護師の仕事は朝から晩までというわけではありませんが、不規則ですし夜勤などもあるので体力がない人には向かない仕事です。体力に自信がある方に向いているだけではなく、上手にストレスを解消できる事も重要なポイントです。

体力を維持するためには寝不足を解消したり、体調を崩さないようなバランスが整った食事をとる事も重要なポイントです。ちなみに看護師の仕事は休憩もろくに取れないケースが多いようです。

なので合間あいまに息抜きをしてリフレッシュできる人は重宝されるかもしれません。もちろん持病があるという方の場合は、自己管理の徹底ができるよう気を付けると良いでしょう。

機転が利く人は看護師に向いている


看護師は一つの仕事を延々とするという事はできません。先生からあれしてこれして!という感じで一度にたくさんの仕事を任されることもしばしばなので、臨機応変に対応っできる人は看護師に向いているでしょう。

そのためには医師や同僚・先輩の看護師から言われた事や、看護師から聞かれた事などを頭の中で素早く計算して、それぞれの項目に優先順位を決め、次々と処理できる能力があった方が向いているようです。

人の痛みや辛さがわかる人は看護師に向いている



患者さんはどこか具合が悪くて病院に訪れます。また、ケガをしてしまい痛みに耐えながら病院にやってくる方もいらっしゃいます。そんな時に天使のように見える看護師が冷たい態度だったらがっかりですよね。

この事から看護師に向いている人というのは人の痛みがわかる人であり、相手が辛いという気持ちを察して声掛けができたり、お世話ができたりする人でなくてはならないでしょう。

痛いだろう、困っているだろうという相手の事情をくみ取れる人は看護師に求められるスキルと言えるでしょう。

自己管理能力が低い人は看護師には向いていない


看護師は忙しい仕事で体力を使う仕事です。そのため自己管理能力が低いと体調を崩してしまったり、寝坊してしまって遅刻してしまったりと、職場の方々に迷惑をかける事になります。

自己管理能力が低い人が最も注意すべき点は誘惑に打ち勝つことです。例えば楽しい飲み会に誘われても明日早いとなれば断る勇気を持つ必要があります。暴飲暴食も体調を崩してしまう原因になりますよね。

なので誘惑に打ち勝つ強い気持ちを持てるよう気を付けましょう。

血液が苦手という人や潔癖な人は看護師には向かない



看護師として仕事をしたいと思っている方にとって、血液が苦手というのはかなり致命的です。なぜならば血が苦手というのは生理的なものなので、直そうと思って直せるものではないのです。

でも安心してください。看護師の仕事で血液を扱わない部署も色々とあります。外科や検査などで血液を扱わなくて済む部署を目指せばいいのです。もちろん慣れようと努力する気持ちは非常に大切です。

ただ潔癖というのは何とかしないとならないでしょう。突然具合が悪くなった患者さんが嘔吐したりする事だってあるからです。嫌な顔をせず処理できるよう努力が必要です。

責任を負う覚悟がない人は看護師には向かない


一般的に新人の場合はあまり責任のある仕事を任されません。慣れてきたら少しずつ責任のある仕事を任されていくものです。でも看護師はそうはいきません!いきなり責任重大な仕事を任せられます。

人の命を扱う仕事なので当然の事なのですが、私は新人なのにこんな仕事無理!なんて言ってもそれは通らないのです。なので責任を追う仕事を行う覚悟が無いという方は、最初から大変な仕事なのだと自覚してお仕事に臨みましょう。

積極性が無い人は看護師には向かない



看護師の仕事は大変忙しい仕事なので、いちいち先輩や同僚に「次は何をすれば良いのでしょうか?」などとお伺いを立てているようでは仕事になりません。皆が共倒れ状態になってしまい仕事が遅くなってしまいかねません。

だから自分で次は何をすべきなのかを考えて、自ら行動を起こさなくてはならないのです。積極性が無い方は看護師デビューをする前に、自分が何をすべきなのかを自分で考えて行動できるよう訓練しておくと良いでしょう。


【まとめ】血液が苦手以外は克服できる!そのために頑張ろう


今回は看護師に向いている人と向いていない人の違い、そしてどうすれば良いのかその対策を簡単にお話いたしました。看護師の仕事はとても重要な仕事です。

大変だけどやりがいを感じる仕事でもあるので、看護師を目指している方にはぜひ頑張っていただきたいですよね。しかしながらどんな仕事でも向き不向きがあるので、自分が向いているかどうかをまずは確認してみると良いでしょう。

関連記事