HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > 自分でも気付かない間に上達してるもんなんですね。

自分でも気付かない間に上達してるもんなんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

私は以前、携帯電話の部品を
ルーペなどを使って調べていく仕事をしたことがあります。
派遣社員として3ヶ月くらい働きましたね。

内容は、まず携帯電話って使われている部品の中に小さなギアやネジのようなものがあるんですよ。
プラスチックで出来ているものが多かったと思いますが本当に小さな部品で、落としたらどこへ行ったかわからなくなるようなそんな感じの大きさなんです。


そして、まさかこれを肉眼で検査するわけにもいきませんからルーペを使って、端の方や角などにはみ出したりとんがったりしている部分は無いかを一つずつチェックしていくんです。

もう肩が凝る凝る(笑。

またルーペで検査するとは言っても、単にルーペで見るだけでは確認しづらいので
その下に半透明の板を敷いて、さらにその下から蛍光灯をつけて
その上に部品を置いてルーペから覗く、というやり方をしていました。


確かに、蛍光灯なしでやるよりも見えやすくなりましたね。
まあ、その代わり目の疲れは倍増しましたけど・・。


でも、そんな細かくて肩の凝る仕事でしたが毎日、何個検査をすることができたかを用紙に記入するのですがその検査できた個数が増えるのを見るのが楽しくなっていきました。


昨日よりも増えていたら、何か嬉しくてニコニコしてしまいます。


逆に減っていたら残念ですが、でも明日こそは、みたいな感じで頑張っていましたね。

またある日、それまでの3倍ほどの量がなぜかこなせたことがあって上司の方にビックリされたこともあります。
なぜそんなに、こなせる量が急に増えたのか、それは今でもわかりませんがただ毎日一生懸命実践していたら、自分でも知らない間に上達ってしているものなんですね。

やっぱり何でも続けることが大切なんだなとその仕事を通して、改めて思いましたね。

関連記事