HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > 【軽作業】梱包作業の内容と仕事を早く覚える5つのコツ!

【軽作業】梱包作業の内容と仕事を早く覚える5つのコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

梱包作業も軽作業のアルバイトとしてはとても人気が高いですね。一度でもやった事がある方はその大変さも、そして楽しさも実感された事でしょう。

それと同時に梱包作業の大変さや、意外と細かい作業である事にも気づかれた事でしょう。今回は、これから梱包作業のアルバイトをする方に、梱包作業の内容や作業を覚えるコツなどをご紹介いたします。

これから梱包作業のお仕事をしたいと考えている方の疑問に、少しでも答える事ができれば幸いです。

軽作業の梱包作業はどんな仕事?まずは内容から



梱包作業というのは箱に詰めるお仕事です。もちろん箱に詰めるお仕事だけではありません。仕事の内容はお勤めする企業の大きさにもよりますが、業種によっても違ってくるものなのです。

例えば商品を一般消費者の方に郵送するための梱包作業であれば、箱に注文を受けた商品を入れて商品が傷まないようにエアシートなどを詰めて、箱を閉じてテープでしっかりととめます。

工場から企業へ送る商品の梱包作業の場合は、パレットに注文された商品の箱を積んで、周囲をラップなどでしっかりと巻いて梱包します。荷崩れしないように注意が必要ですね。

それに企業用の梱包はちょっと大きな荷物になるので大変かもしれません。扱う商品は食品から小物から家電製品に家具など、本当にあらゆる商品を扱う事になるでしょう。

もちろん扱う商品は企業によって変わってきますが、大手の販売会社だとあらゆる商品を扱う事になるので、大変さもかなり変わってくるものなのです。

他にも袋詰めをしたりするのも梱包作業になりますね。梱包と言っても商品を箱詰めするだけが梱包作業ではないという事も忘れてはなりません。

では次に梱包作業の仕事に求められるものは何か?についてをご紹介いたしましょう。

梱包作業の仕事に求められるものとは?



梱包の仕事に求められるものは何か?やはり早くは基本なのかもしれませんが、どちらかというと早さというよりも丁寧さの方が必要になってくるかもしれません。

その理由はどうしてなのかというと、お客様に見える場所ですから貼ってあるテープがヨレていたりすると、それを気にするお客様も結構いらっしゃいますし、企業としても気を付けている部分だからです。

また、正確性が求められるのも確かでしょう。また、臨機応変に梱包作業ができた方が喜ばれるでしょう。柔らかくて形がしっかりしていないもの、硬くてかっちりとしているものなど商品は色々ですよね。

臨機応変に対応ができるだけの技術があった方が良いでしょう。さらに商品を梱包するのに十分な大きさの箱を選ぶ、梱包する時に商品に傷がつかないようにするなどの工夫ができた方が良いでしょう。

さらに器用さが求められる事もあります。これはテープを貼る時にも必要ですし、包装する時に包装紙を無駄にしないためにも求められるスキルでもあるのです。

他には空間認知能力があった方が喜ばれるかもしれません。これは箱にその商品を詰めた時に最低限の衝撃吸収材を入れてピッタリにする、といったスキルが求められるからです。

梱包作業の仕事をしっかりと覚えるための5つのコツ



まずは作業を行う前に梱包に使う道具をチェックしましょう。テープは十分にあるか?ホッチキスの針は十分にあるか?包装紙は十分にあるか?段ボールはそろっているか?などを確認する。

梱包をする先輩の作業をしっかりとチェックして、そのやり方を覚える事もコツの一つですね。臨機応変にする必要がある場合には様々な梱包の方法を覚えるという事も必要でしょう。

商品の詳細や注意事項をチェックする事も必要でしょう。例えば贈り物の場合には納品書などを入れてはいけないとか、発送先が違う場所であったりする事もありますよね。

こうした重要なポイントを見逃さないようにする事も必要です。箱を作る作業などもあらかじめしておいた方が良い場合もあります。部品の袋詰めなどを行う時にはビニール袋を取りやすくする工夫も必要です。

多くの場合は作業効率を上げるために様々な道具を使います。次は梱包作業を効率よくするための道具をご紹介いたしましょう。

梱包作業をする時に注意すべき点と持ち物について



段ボールを組み立てたりする必要があるので手袋は必要でしょう。手が荒れますし端っこで手を切ってしまう可能性だってあります。自分が痛い思いをしないという事も大事ですよね。

でも血液が段ボールについてしまったらそっちの方が深刻です。もしも自分が注文した荷物が届いたときに、箱に血液がついていたらどう思うでしょうか?同業者なら「手を切ってしまったのだな」と思うかもしれません。

ですが、梱包の仕事をしていない方は「どうして箱に血が!?」と驚いてしまうでしょう。それがクレームにつながらないとも限りません。今の時代どんな病気があるかわからない時代です。

こういう事が起こらないようにするためにも、手袋を使う事をおすすめいたします。そのほかには指サックなどがあると良いですね。ビニール袋への袋詰めをするときにとても便利。

同じように包装紙を使って梱包をする時にも指サックがあると滑らず、効率的に作業を進める事ができるでしょう。

今回は軽作業のお仕事の中でも梱包についてのコツや仕事に求められる事などをご紹介いたしました。作業効率をサクッと上げて楽しくお仕事をしていきましょう。

関連記事