HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > 不思議な体験、交通量調査。

不思議な体験、交通量調査。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

イギリスに2年間留学する予定で渡り、1年が経ち日本に一時帰国することになりました。特に何もすることがなく大阪の友人の家に居候をしていたのですがせっかくだからということで今までに経験したことがない短期バイトを探していたときの事です。そういえばたまに道路脇に座ってカウンターを使い交通量調査をしている人を見かけますが実際に働いてみるとどのような感じなんだろうと思い出しまして応募したところすぐにお仕事が見つかりまして働く次第となりました。

集合場所から車に乗って現地に向かい着いたところは特に周りに何もない辺鄙な場所でした。今思うと近所にコンビニもありませんでしたですが丁度4月ということもあり暖かくなってきたころで天気も良かったので快適に仕事は進みました。一緒に働いている方達はどうやら大分ベテランらしく私が良く分からない専門用語を使っているように思われました。しかし皆さん良い人でした。

ペアで組んで交差点の脇にパイプ椅子で座り五個1組のカウンターでカチカチと通過していく自動車を分けていく単純作業ですが、正直言って正確さという意味では大変困難でした。とはいえ結果をだれも疑いませんので、むしろ疑うことはできないのでちょっと間違えてもいいかなと思いましたが、申し訳ない気もしました。

給料も中々良く続ける気力があれば出来そうですが、自分のステップアップには中々つながらないなと思ったバイトでした。そして一緒に働いている人は不思議な人が多かったのが今でも印象に残っています。

関連記事