HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > これも立派な人助け!移動図書館のアルバイトがやりたい!

これも立派な人助け!移動図書館のアルバイトがやりたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

本を読むのが趣味という方全てが欲しい本を購入する事ができるとは限りません。雑誌でもそうですが高いものは高くて、立ち読みするのがやっとという事も多いですね。

書籍ならなおさら高くて手に入れるよりも借りて読みたいと思ったりします。コレクションが趣味という方を除いて、購入しなくても読む事ができるので図書館を利用する方も多いのではないでしょうか。

でも市の中心部や図書館がある地域は良いですが、それ以外の地域の方はいちいち図書館に行かないとなりません。そんな地域の方のためにあるのが『移動図書館』です。

今回は、市民の読書意欲を満たすお手伝いをしてくれる、移動図書館のアルバイトについてのお話をいたします。

そもそも移動図書館とは?


移動図書館の歴史は意外と古いです。近年ではマイクロバスのような小さなものを利用していますが、1930年代以前にも実は存在していて、そのころに使われていたのは何と馬車でした!

当時は移動図書館という名前ではなく「巡回文庫」などと言われていた時期もあったようです。もちろん移動図書館のサービスができたのは日本が初ではありません。

もっとも古い馬車を使っていたのは19世紀中ごろのイギリスだったのだというから驚きですね。当時は技術養成学校などで必要な資料となる書籍を図書館から届けていたと言います。

最初は市民のためのものではなかったのですね。国によって移動図書館のサービスが始まった時期が違い、アメリカでは1905年からワシントン郡立図書館で始まったとされ、ドイツでは1929年に始まったとされています。

では日本ではどこが初めて始めたと思いますか?それは1948年高知県立図書館で「自動車文庫」として始まったのが最初なのです。その次が鹿児島県、そして千葉県で移動図書館が始まりました。

移動図書館ひかり号は千葉で暮らしている人なら恐らく誰もが知っている移動図書館だったのではないでしょうか。

移動図書館のアルバイトに必要な資格は?


移動図書館の歴史についてお話ししましたが、移動図書館がある事によって図書館から遠く離れて暮らしている方も、読みたい本が読めるようになったのはわかりました。

言い換えると移動図書館のアルバイトをする事によって、困った人を助ける事になるので、移動図書館のアルバイトは立派な人助けになるのですね。

ですが一般的に図書館でお仕事をするには資格が必要になりますよね。その資格が『司書』という資格です。

司書というのは都道府県や市町村の公共図書館などで図書館資料の選択や発注などをしたり、書籍の分類をしたり貸出する時の一般的な業務を行ったりします。

それだけではなく、背表紙みたいな感じで読書案内書などを作ったりします。意外と大変なお仕事なので専門的な資格を必要とするわけですね。

でもこの資格、意外と取得するのが大変なのです。短大を含む大学に通ったり高等専門学校卒業生などが取得できるものなのです。

だったら一般の人は移動図書館の仕事はできないのでしょうか?

移動図書館のアルバイトの資格について


図書館の仕事は資格を持っていないとできないのですが、実は移動図書館のアルバイトは一般の方でも資格がなくてもできるのです。ドライバーとしてのお仕事や荷物の出し入れなどのお手伝いをするのです。

移動図書館にやってきた方の書籍の貸し出しの時の、ハンディターミナルなどを使った貸し出し・返却処理や、車の中の清掃なども含まれています。

図書館資料配送をしたり、受け取りした資料の仕分け処理なども行います。他の図書館へ書籍を配送する手続きも行います。さらに返却ポストを設けている場合には、回収や返却処理を行います。

これらの仕事は司書の資格がなくてもできる事なので、移動図書館でお仕事をしてみたいという方は、資格がなくてもどんどん応募してみるといいでしょう。

意外と人気のお仕事なので、常にチェックしておいて早い段階で応募する事をおすすめします!その理由はなかなか募集をしないからですね。

ですからチェックは欠かさず行う必要があるのです。

移動図書館の時給はどのくらい?仕事をする時間は?


図書館は公共の場所なので、勤務時間は平日の早番で8時30分~17時15分くらいまで、遅番の方だと10時30分~19時15分くらいまで、土日は早番しかありませんから早く帰れます。

ただし一カ月に毎日仕事があるというのではなく、シフト制で月に多くて10日程度の仕事となります。移動図書館の仕事なので、毎日同じ地域に行く事がないのですね。

これが最大のデメリットと言えるのかもしれません。時給については960円くらいからとなっています。図書館で勤める事ができれば本好きにはたまらない喜びを得る事ができるでしょう。

本を読みたいけれど近くに図書館がなくて困っているという方に、本を定期的に貸出する事ができるお仕事ですから、きっとやって損をしたと感じる事は無いでしょう。

まとめ


今回は移動図書館のアルバイトの仕事内容について、移動図書館の歴史、移動図書館の仕事に必要な資格、時給や働く時間についてをお話してみました。

普段利用していてもあまり気にした事が無いという方や、移動図書館でお仕事してみたいなと思った事がある方にとって、楽しく読めたと思っていただければ幸いです。

本当に人気が高い仕事である事は事実なので、ぜひこの機会にやってみたかったお仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事