アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > アルバイトによる迷惑行為がどんな罪になるのか?

アルバイトによる迷惑行為がどんな罪になるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
最近たびたび起こっているアルバイトによる迷惑行為を撮影してSNSにアップしている問題に、ご覧になっている皆さんはどのような感想を持っているでしょうか?

今回はアルバイトによる迷惑行為がどのように起こっているのかよりも、もしも自分がやってしまってそれがわかってしまった時、どのような罰を受けなくてはならないのかを調べてみました。

アルバイトによる迷惑行為がなぜこれほど増えたのか?



つい最近もありましたよね。大手牛丼チェーン店の店内でアルバイトたちが氷を投げたり、お玉をぞんざいに扱って大変不衛生です。でもどうしてこうした迷惑行為が増えたのでしょうか。

もしかすると目立ちたいという気持ちでやってしまったのかもしれません。ですが本当にそれだけなのでしょうか?もしかしたらアルバイトをしていて何か嫌な事があったのかもしれません。

SNSに掲載する事で自分のアカウントに人がたくさん来てくれるというのもあるのかもしれませんね。でももしも腹いせや目立ちたいと思っただけで、そんな行動をしてしまったらどうなるのでしょうか?

アルバイトによる迷惑行為はいたずらでは済まされない



お店は商売をしています。いたずらしたつもりでもただでは済まされません。迷惑行為の内容にもよりますが、店に多大な被害を与える事にもなりかねません。

そうなれば普段はあったはずの売り上げが減ってしまう事もあるでしょう。特に飲食業の場合には客足がぱったり止まってしまう事だってあるのです。

そうなってしまったらお店としてもいたずらで済ますわけにはいきません。当然アルバイトの方や従業員の方に出せるはずのお給料だって失う可能性もあります。

お客様の中には傲慢でアルバイトに対してひどいふるまいをする方もいらっしゃるかもしれませんが、だからといってアルバイトの方が迷惑行為をしてはいけません。

確かに接客業をしていると色々なお客様がいらっしゃいます。何もかもを我慢すれば良いというわけではありませんので、もしも迷惑なお客様がいたら店長などに相談しましょう。

もしも迷惑行為をした事がバレたらどうなるの?



SNSに流してしまったらいくら顔をぼかしていてもバレてしまう可能性は非常に高いでしょう。それにお店の人が見たらすぐに「この子あの子だ」とわかってしまうはずです。

顔を出していなくても声やしぐさ、お店の内部の様子などを見れば何となく「ここうちの店かも?」とわかるかもしれません。怖いのはチェーン店などの場合はお金を投資しても犯人捜しをするでしょう。

例えばSNSに偽名を使ってアカウントを作っていて、そこにアップしたとしましょう。アカウントは偽名だからバレないだろうなんて思っているかもしれませんよね。

ですがじっくりと調べれば意外と個人を特定する事ができてしまうのです。そしてもしも個人が特定されてしまったら、当然ながら店はクビになりますがそれだけではありません。

先ほども少し話しましたが店が被った被害の責任は取らなくてはならないでしょう。では具体的にどんな罰を受けるのか、想定されるものをご紹介いたしましょう。

迷惑行為の代償と罰について



店の信用を落としたとして『偽計業務妨害罪』が考えられます。偽計業務妨害罪とはどんな罪なのかというと、刑法233によると虚偽の風説を流布したり偽計を用いて人の業務を妨害する罪です。

簡単にいうと店の信用をいかにもその事が日常的に行われているかのように偽装し、それを世間一般に広く広めてしまう事で、業務妨害をした事による罪で罰せられるという事ですね。

ちなみに嘘を口で広めたりするのもいけません。営業妨害をする行為はほとんどこの罪に問われるでしょう。そしてこれだけではありません。お店が被った被害によっては損害賠償というおまけ付きです。

当然現在の情報社会ですから顔や住所なども特定され、その情報が流されてしまう可能性だって否定はできません。となるとこれから先勤めるところが見つかるかどうかもわかりません。

だってそうですよね?もし自分の店で雇ったら同じことをするかもしれないと思われないとも限らないからです。お店の信用が落ちてしまうのはひと時かもしれません。

でも自分がやった罪や行為は一生付きまといます。恐らく自分で何か商売をする以外に道はないかもしれませんよね。未成年だからといって許される時代ではないのかもしれません。

自分が逆の立場だったらと考えてみたらわかる事



ちょっと怖い話をしましたが、もしも逆の立場になって考えてみてください。もしも自分が必死に頑張ってきた結晶のお店で雇っていたアルバイトが、同じような事をしたらどう思うでしょうか?

せっかく積み上げてきたものを壊されてしまうのです。恐らくそのアルバイトを許すことはできないでしょう。それだけじゃありません!もしも自分が普段利用していたお店だったらどうでしょうか?

美味しいと思って食べていたのに不潔な行動を見てしまったら、もう二度とそのお店に行こうとは思わないですよね?さらにもしもその店を利用した後で具合が悪くなったとしたら?

実はもしも自分がやった行為によってお客様に食中毒などが起こったら、もっと重い罪に問われてしまう事になるのです。そうならないためには絶対に迷惑行為をしてはいけないのです。

もしも店に不満があるのなら『辞めれば良い』のです!話し合いを持ってもいいでしょう。それでお互いがスッキリできるよう問題を解決すればいいのです。

今学生の方も面白半分でいたずら動画をアップしているのかもしれませんが、自分がやった事はいずれ自分に戻ってきます。

くれぐれも皆がやっているからなんて事を考えず、まじめに仕事をするようにしましょう。そしてもしも仲間がそんな事をしたら注意する勇気を持ちましょう。

それがお友達の未来のためだからです。

関連記事