アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > 未来はエンジニア!プログラミング言語習うならどれが良い?

未来はエンジニア!プログラミング言語習うならどれが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

誰にでも将来はコレをやりたいという夢があるものですよね。人によってそれぞれ夢は違うものかもしれませんが、エンジニアにあこがれる人も多いのではないでしょうか。

エンジニアにもいろいろとあるものですが、今回ピックアップしたいのはシステムエンジニアという職業についてです。

パソコンを使って在宅でもできるものなので、将来は会社に通って仕事をするよりも自宅で仕事を請けたいという方には最適なお仕事かもしれません。

もしこれからシステムエンジニアとして働きたいという方のお役に立てれば幸いです。

システムエンジニアってどんな仕事?



まずはシステムエンジニアという仕事がどんな仕事なのかをしっかりと知る必要がありますよね。システムエンジニアというのはシステムを設計して実際に構築します。

簡単に流れを説明すると、顧客からシステムの構築の依頼を受けた時に、お客様が要望をしっかりと聞く必要があります。要望を実現するためにリサーチをするのもシステムエンジニアの仕事です。

他にはシステムをどのようにプログラミングをするのか、プロジェクトに必要な人材を確保したり、プロジェクトが問題なく進むようなマネジメントなども行わないといけません。

さらにプログラムが済んだ後は確実に動くかどうかをテストするのもシステムエンジニアの役割です。

大きなプロジェクトも多い仕事で、例えば金融機関などのシステムの構築や、ライフラインに携わるシステムの構築などもあります。

大規模な企業に勤める事ができれば将来的にも安定した収入を得られる可能性が高いです。また、プログラミングを外部に依頼する事もあるので、在宅でプログラマなどをしてみても良いかもしれません。

システムエンジニアになるには何が必要なの?



まずはプログラミングするためのプログラミング言語を学ぶ必要があります。また、在宅でプログラミングを行うのであれば、パソコンを持っている必要があります。

企業に勤めるのであれば、ある程度の知識やコミュニケーション能力が必要になるでしょう。なぜコミュニケーションが必要なのかというと、システムエンジニアはお客様にリサーチする必要があるからです。

お客様がシステムの開発に何を要望しているのかを聞くためにもコミュニケーション能力が高い方が喜ばれるのです。また、先ほども少し触れましたが「マネジメント能力」も非常に重要です。

例えばプログラマをお願いした時に、仕事が偏ってしまって一人だけに負担がかかるのは良くありません。円滑にプロジェクトを進めるためにもバランス良くプログラマをまとめる必要があるわけですね。

もちろんどのくらいお客様の要望に応える事ができるか、システムに詳しくないといけませんよね。意外とやる事が多く必要な事が多いのもシステムエンジニアの特徴かもしれません。

難しい仕事だからこそ即戦力が望まれるのでしょう。ではシステムエンジニアになるために、どんなプログラミング言語を学べばいいのかについてをご紹介いたします。

システムエンジニアに向いているプログラミング言語とは



プログラミング言語と一言で言ってもかなりの数があるってご存知でしょうか?その数は世界各国で2000種類以上だともいわれているのですが、実際に日本で利用されているプログラミング言語はそれほど多くはありません。

いずれは海外で仕事をしたいと思うのならば、希望する国で使われているプログラミング言語を学んでおくというのも必要かもしれませんね。

今回ご紹介するのは日本で実際に利用されているプログラミング言語は次の通りです。

  • JavaScript
  • Python
  • Ruby
  • PHP
  • Java
  • Swift
  • C言語
  • C++
  • C#
  • SQL

これらのプログラミング言語を使ってプログラミングができると、システムエンジニアとして働けるだけではなく、プログラマとして働く事も可能です。

ただしプログラミング言語は独学で学べるものではありません。もちろん一つでもできれば独学で他のプログラム言語を勉強する事は可能ですが、プログラミングをした事がないという方はスクールを利用すると良いですね。

今はスクールもオンラインで簡単に勉強できるスクールもありますし、自分ひとりでは続かないかも?と思うなら、学校へ通ってみても良いでしょう。

システムエンジニアのお給料ってどのくらいもらえるの?



気になるのはやっぱりシステムエンジニアになったらどのくらい稼ぐ事ができるかですよね。プログラミングだけじゃなくて統括の役割を担うわけですから、相当なお給料がもらえると思うかもしれません。

大変な仕事なのは間違いないのですが、平均するとおよそ370万円前後となっています。仕事の割に安いのでは?と思うのかもしれませんが、実はピンキリというのが本当のところです。

多い人では1000万円以上を稼いでいる方もいらっしゃいますし、300万円前後の方もいらっしゃるという事になります。稼げるようになれば良いのですね。

いずれにしても経験と実力が必要になるお仕事ですので、まずはプログラミング言語を学びプログラミングに慣れる事、コミュニケーション能力やお客様の理想を実現できる設計能力を培うよう努力する必要がありそうです。

関連記事