HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > 【軽作業】仕分けの種類と間違わずに仕分けをする4つのポイント

【軽作業】仕分けの種類と間違わずに仕分けをする4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

軽作業のお仕事はもくもくとできるという事で人気が高いアルバイトです。作業は単調かもしれませんが次から次へとくる商品などを、正しく仕分けをするというお仕事は意外と大変なものなのです。

初めてのアルバイトで仕分けのお仕事を選択された方の多くは、その仕事の多さや難しさに直面すると、ついつい想像していたよりも大変な仕事だったと感じる事もあるかもしれません。

今回は仕分けのお仕事を選んだ方が気を付けるべき注意点、仕分けを効率化するためのコツなどについてをご紹介いたします。

軽作業の仕分けの仕事の種類について



皆さんは仕分けの仕事というとどのようなお仕事の内容を思い浮かべるでしょうか?おそらく多くの方が仕分けというと年末の郵便局の年賀状の仕分けではありませんか?確かに代表的なお仕事ですよね。

もちろん郵便局の郵便物の仕分け作業は代表的なものですが、他にも仕分けのお仕事というのはたくさんあるものなのです。例えば食品会社などで商品の仕分けをする。

倉庫などに商品を保管する時などに、商品をそれぞれの置き場所に置く事も仕分けのお仕事です。また、注文が来た時にピッキング作業をした後に、出荷先別の置き場所に置いたりするのも仕分けの仕事の事もあります。

もちろん全ての企業で行われているものではないかもしれません。中には船や飛行機、トラック、貨物列車などで運ばれてきた荷物を、検品した後に倉庫へ仕分けする作業も行われます。

輸送手段が大きければ大きいほど、荷物も多くて仕分けが大変になってしまうのは言うまでもありません。ですがそれだけにやりがいを感じる仕事でもあると言えるでしょう。

軽作業は結構大変な作業である事は想像に難くありませんが、コツさえ覚えてしまえば作業もスムーズに行う事ができるでるのです。

仕分けの仕事に求められる事とは?



やはりスピードは求められるでしょう。次から次へと運ばれてくる荷物を素早く仕分けする事ができれば、作業効率も上がりますし荷物を運んできたトラックなどを待たせる事も無いからです。

正確性も求められます。間違った場所に置いてしまうと次から次へと運ぶ荷物に隠れてしまって、探すのが大変な作業になってしまいかねません。そのため正確に場所を覚える必要があるのですね。

仕分けは体力を必要とする仕事ですので、健康的な体を持っているというのもコツの一つかもしれません。求められるスキルが多すぎると思われるかもしれませんが、確かに最初はスピードが遅いのは仕方がありません。

だから最初から速さが求められるわけではありません。性格に仕分けを行う事を心がけて、徐々に体が慣れてスピードが上がれば問題は無いのです。まずは間違わないように場所を覚える事から始めてみましょう。

意外な事にたくさんの方々と関わる仕事なので、コミュニケーション能力が少しはあった方が良いかもしれませんね。何も聞かずに覚える事はできません!そのためにも多少は会話ができるように工夫すると良いですね。

仕分け作業を行う時のコツについて



仕分けを行う時になかなかうまく仕事に慣れないという方にとって、作業を行う時にどんな事に注意をすれば良いのかがわかると、それだけ作業効率も上がって仕事が楽になりますよね。

そのためにはコツを覚える必要があるでしょう。仕分けをするときのコツはイメージをする事です。まず頭にイメージするのは「仕分けはしまう事」という点です。倉庫などには一つ一つの商品を置く場所が決まっているものです。

当然ですが作業効率を上げる一番のコツは「場所を覚える事」なのです。場所を覚えてしまえばあとは荷物をそこへ置くだけです。簡単に言っているように感じるかもしれませんが、商品は一つではありません。

商品の種類が多ければ多いほど覚える場所が多いため、慣れない内は迷ってしまって時間がかかってしまうでしょう。場所を早く覚えるためには見取り図などを見る事。

それだけではなくそれぞれの荷物を置いたら、自然に体が動くように体自体を慣らしてしまう必要もあります。また先輩や同僚とコミュニケーションを取れるようにしておくと良いですね。

企業によっては最初の段階で見取り図やマニュアルなどを用意してくれているところも多いようですので、最初の段階でマニュアルをしっかりと呼んでおく事も必要でしょう。

仕分けの仕事はブラックっていうけど本当?



たまに見かけますよね。仕分けの仕事は本当にきつくてブラック企業が多いという話。本当にブラック企業ばかりなのでしょうか?確かに仕分けの仕事はとても忙しくて、スピードを求められるので厳しい世界かもしれません。

荷物を持ってくるのがトラックだろうが貨物船であろうが、次から次へと運ばれてくるので大変だと感じるのは無理もないのです。ですがたくさんの人で作業を行いますのでブラック企業ばかりだとは言えません。

最初は賃金が安いものですが、作業がはかどるようになってくれば規定によって時給のアップも可能でしょう。もしも早くなっても何か月経過してもその兆候が見られない時には交渉してみても良いかもしれません。

そこで上がらなければその技術を持って他の仕分けの企業へ就職すればいいのです。何よりも重要なのはコツを覚えてしまう事、体を慣らす事です!それさえできるようになれば、他の会社でも十分にお仕事はできるからです。

今回は仕分けのお仕事の内容や種類、そして仕事をするときのコツについてをご紹介いたしました。もしもこれから仕分けの仕事をしてみたいと思う方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事