HOME > コラム > アルバイトの裏事情 > パートの人が大活躍の中小企業の食品会社

パートの人が大活躍の中小企業の食品会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

最近テレビ番組で工場見学!と称して綺麗な機械化された工場を紹介していますが、
私が半年ほど働いた中小企業の食品会社では、現実的に機械化は進んでおらずパートのおばちゃん達の素晴らしい能力によって成り立っていました。

最初研修で工場に入り生産ラインに加わったのですが、1日の作業が主任さんの頭の中で的確に割り振られ作業が進んでいくのです。
その中に素人の私が入っていっても全くついていけませんでした。
その時には、機械化すればいいのに!と漠然と思っていたものです。

数ヶ月生産ラインに入ったり、機から見ていると、この主任さんを中心としたパートのおばちゃん達の動きが、下手な機械以上の動きを見せしかもかなりハードで効率よく出来ていることに気づいたのです。

おそらく大企業なら、万単位とかの発注が正確に会社として上から降りてくるのでしょうが、中小企業の場合、上もあやふやだったしお客さんの無理な依頼にも対応しなければなりません。
そうなってくると管理職がいちいち細かい指示をするだけ無駄で、パートのおばちゃん達に任せる
ようになってきます。
これが、大企業ではおそらく対応出来ないくらいまた臨機応変に対応してくれるのです。

機械化には機械化のメリットがあると思いますが、機械化出来てなくても機械化以上の中小企業ならではのメリットがあるのです。

こういうパートのおばちゃんの能力というのは、かなり凄いと思いました。

関連記事